生活習慣病の予防


睡眠生活習慣病を防ぐためには日頃の生活を見直す必要があります。まず、睡眠不足という方だとなるべく良質な睡眠をとれるように心がける必要がありますし、夜更かしなどもせず夜もなるべく早く眠りにつくことが大切です。最近だとベッドに入ってもスマホの画面を見続けるような方もいますが、スマホの画面から出るブルーライトは副交感神経を刺激してしまいますし、余計に眠れなくなってしまいます。良質な睡眠をとるためにはパソコンやスマホは見ず、最低でも6時間以上は眠るようにしてください。

また、食生活も生活習慣病の原因ですからこちらも同様に見直す必要があります。先ほどもお話したように、偏った食事ばかりを続けていると生活習慣病になる可能性が高くなります。理想はきちんと三食摂ることですが、栄養バランスに偏りがないような食事を摂ることが大切です

一汁三菜は少し難しいかもしれませんが、できる限りバランスのとれた食事を心がけることで生活習慣病を回避することも可能になるでしょう。ストレスを溜めすぎることも生活習慣病の原因となりますから、ストレスフリーな生活が送れるような環境に身を置くことも大切になります。定期的にストレスを発散することも忘れないでください。